わかってないドライバーさんが結構存在するルール

わかってないドライバーさんが結構存在するルール

交通ルール・道路交通法などを「間違っている人に指摘するtweet」や「笑ったり馬鹿にしたりするレス」をよく見るけど、「交通ルールを無視する暴走車」は外から見て判るけど、「ルールを知らず当たり前に破る一見普通に見える車」がめっちゃ沢山走っている、だから「あの車の運転手、ルール知らない人かも」と注意して運転する事が一番大切なことと、最近思います。

走行車線と追い越し車線

上の絵で、左側をイメージしている人が沢山居るそうです、怖い。

赤字の走行車線は、原則として速く(制限速度内めいいっぱい)走る車も、ゆっくり(最低走行速度付近)走る車も、使わなければいけない走行レーンで、右側の追い越し車線は「追い越すときだけ」使用するレーンですよ!

「一応確認なんですけど、コレってバイパスとか一般の下道でも当てはまるんですかね?」なんてレスもあります、恐ろしいですよね…

【合流と左折】どちらのウインカーを出すべきなのか?

【合流と左折】どちらのウインカーを出すべきなのか?

交差点なのか、合流なのかは停止線の有無で決まり、上の絵は当たり前の事を描いているのですが、何も考えていない人も結構いて、舌の絵赤丸の様に、逆のウインカーを点滅させる人が居ます。

逆のウインカーを使う人

交差点で右ウインカーを使う車をみると「右折(自分の車の方)できるって勘違いしてるぞ、逆走に警戒しなきゃ!」となりますし、
合流で左ウインカーを使う車をみれば「左によって停車するつもりかな?」となります。

そうなると2車線の道路を走行中の車は速度を落とすことになり、後ろの車に気を配らなければなりません。

「ルール知らない人、知ってて無視する人」が存在するから、それを警戒して運転しなきゃ自分が危ないのは理解してますが、疲れちゃいますよね…

東名高速夫婦死亡事故

東京新聞の記事では、こういう写真で事故を説明しています。

ほとんどの新聞やテレビが似たような解説をしていますが、「ルールを無視する人や変な人が存在するのは事実」を崩すことが出来ない大前提として考えたら、犯人を悪く言っても何も変わらないので、自分がまきこまれたらどう対処すべきか?をしっかり広めて欲しいと思います。
探してみると、日経新聞が少しまともでした。

一番の違いは、道路の向きを横にしているか、縦にしているかです。縦にしてくれなければ、左に寄って停まらなかったから不幸な事故に巻き込まれた、と気づきにくいですよね。

あおり運転だけではなく、「道路で故障やトラブルに巻き込まれてしまったら、左に寄ってから停止する」が、これからも車を運転する人にとって、唯一の教訓だと思います。

どう考えても、この状況で追い越し車線で停止するべきではなく、左に寄って路肩で停まれたはずで、そうすれば防げた不幸だと思いませんか?

「もし後ろから煽られたら、左に寄ってから停止する」

そうすれば、最悪でも煽った人に殴られる程度で、後続車に轢かれて死んでしまう事態にはならない、と心に留めて欲しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 七夕短冊「橋本環奈になって世界の男で遊びたい」

    七夕短冊「橋本環奈になって世界の男で遊びたい」

  2. ゴミ箱のナイスアイデア(田舎の広い家に引っ越せたら)

    ゴミ箱のナイスアイデア(田舎の広い家に引っ越せたら)

  3. 見落としがちなテーブルマナー

    見落としがちなテーブルマナー

  4. (イ)の部分は力点(りきてん)です。(ア)は何ですか?

    テストの珍回答(でも正解と思う)10選

  5. 小笠原に行ってみたい

    小笠原に行ってみたい

  6. 笑える?ツッコミどころがある看板5選

    笑える?ツッコミどころがある看板5選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。