悲しい交通事故から学びたいこと

悲しい交通事故から学びたいこと

ひどい交通事故があると、次の被害者が生まれない様に「どうしたら被害者にならないか」を報道して欲しいと思うのですが、「加害者の悪人さ加減」を強調する報道が多いと思うんです。

ひなも含めて一般の人が被害者にならない為には、「犯人が悪すぎる奴だったから被害者が諦めるしかない」「加害者を叩くだけで充分」ってのは嫌なので、事故を詳しく調べて、「悪人は消えない」前提で事故を避ける方法を考えてみたいと思います。

東池袋自動車暴走死傷事故

2019年(平成31年)4月19日に東京都豊島区東池袋四丁目で発生した交通事故(自動車暴走死傷事故)。報道では池袋暴走事故と呼称される。逮捕や容疑者呼称などに関する誤解や、SNSにおける加害者やその家族、被害者遺族への誹謗中傷も問題となった。また、この事件を契機に高齢者の運転免許証の自主返納が増加したとされる。

乗用車を運転していた飯塚幸三(当時87歳)が、ブレーキとアクセルを踏み間違えたことによって車を暴走させ、交差点に進入。歩行者・自転車らを次々にはね、計11人を死傷させた(母子2人が死亡、同乗していた飯塚の妻を含む9人が負傷)。加害者である飯塚自身も負傷し、入院したが、退院後に自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で書類送検・在宅起訴された。

東池袋自動車暴走死傷事故

もちろん、運転者である飯塚幸三さんが悪いのは間違えないのですが、被害者にならない様に気を付けれたことが在るのを肝に銘じたいと思います。

時速80キロの暴走車

速度制限時速50キロの道路を、暴走車は30キロ以上オーバーした時速80キロ以上で走っていたそうです。秒速に直すと22メートルほどになります。

車は被害者から見て右側から接近してきたので、歩道から横断歩道に進んでから数メートルの距離で被害にあいました。つまり、片側二車線の道路なので、横断歩道を渡り始めて数秒後、長くても10秒以内と思われます。

東池袋自動車暴走死傷事故
つまり、被害者親子が横断歩道を渡り始めた時に、車は横断歩道から遠くても220メートル(たぶん100メートル程度)の場所を30キロ以上のスピードオーバーで”自分たちに向かって”暴走していました。

どうすれば自分が被害者にならないか?

「身体能力が衰えたご老人は運転すべきではない」とは、ひなも思うんだけど、「もしそんな人がいたら、諦めて死ぬの?」と聞かれたら「絶対嫌」です。

小学校の時に習ったように、「横断歩道を渡る時には、右を見て、左を見て、もう一度右を見て」から、自転車は押して、注意深く渡る、を徹底するしかないと思います。

ネットで見かけた変な人

「自分の命を守る為に」横断歩道を渡る時には、自転車は「緊急事態に即座位に対応できるように」押しながら渡るべきだと思うのですが、「この信号は自転車に乗ったまま渡ってよい」と声高に主張している人がいました。

「渡って良い」と「渡りなさい」は違います。青信号は「渡れ」ではなく「渡っても良い」ですよね?

自分と、大切な人達の命を守る為には、この事故を教訓として、暴走老人は悪いけど、居なくはならないとちゃんと理解して、注意深く横断歩道では自転車から降りて、押しながら渡るひなになろうと思いました。

被害者と被害者のご家族に心よりお悔やみ申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 夏休みの自由研究に!

    夏休みの自由研究に!

  2. 高速道路の「 i 」マークはハイウェイ情報ターミナル

    高速道路の「 i 」マークはハイウェイ情報ターミナル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。